就職活動を成功させるためのたった1つの視点

2016年10月24日 | By admin |

競争が激しくなる就職活動

毎年誰もがそわそわしてしまうイベントが就職活動です。就職活動の競争が厳しいのはいつものことですが、徐々に短期間へと移行していることから、競争はより激しくなっています。そんな就職活動を勝ち抜くためには一体どうすれば良いのでしょうか。希望する企業への内定を獲得するためにはどのようなことに気を付けなければならないのでしょうか。就活生であれば誰もが気になる点ですが、実は就職活動を成功へと導くためにはある1つの視点さえ守ることが出来れば誰でも可能なのです。

採用する側の立場に立つ

その視点とは、採用する企業の立場に立って考えることです。相手の立場に立って考える、というようなことはよく言われるのですが、実際のところ意識できている人は少ないです。まず就職活動は企業にとっては採用活動であるわけですが、なぜ採用を行うのかと言うと、会社の利益を出すためです。会社はボランティアではないので、利益を出さなければなりません。なので会社側としては、自社に利益をもたらしてくれる人を採用したいと考えています。

自分本位の就活は失敗する

しかし就活生としては「やりたいことをしたい」という意見が強いです。そのため「御社で勉強をしたい」といような発言をする人が多いです。厳しい表現になりますが、会社には赤の他人にお金を出してまで勉強させてあげる義理はありません。会社は利益を出してくれる人を求めているのですから「勉強したい」では落とされて当然です。そうではなく、会社の立場に立って、どのような利益を出せるのかをアピールしなければなりません。会社の立場に立ち、会社の求めているものを提示することが出来れば、かならず内定を勝ち取ることが出来ます。

お客様や取引先に新卒紹介を行う場合は、事前に失礼に当たらないように挨拶の仕方・名刺の渡し方を勉強してもらいましょう。何事も事前準備が大切です。